過払い請求での返還金にも利息も付ける判決

過払い請求での返還金にも利息も付ける判決

過払い請求で、破たんした大手の武富士ですが、韓国企業の買収でそのままの名前、店舗で、営業再開する方向のようです。

今迄暴利をむさぼってきた、消費者金融業者にとっては、次々と厳しい判決が出されています。

もともと、誰にでもお金を貸し過ぎた、返済能力の無い人にまで、平気で貸し付けていた、そのためにりそくを高くして、リスクを取っていたともいますが、

貸す方も借りる方も問題があったのは事実で、力の強かった方が、主たる罪があるというさばきは、日本は健全なのだと私は思いすので、支持しててます。

今迄、取り立ても酷い方法がとられていたようですから、少しは罰を受けてもいいとおもいますし、あふれた貸金業者も減ったほうがいいと思います。
現在は、貸金業法の利率を超えていたものについて、10年さかのぼって過払い返還請求できるわけですが、更に判決として、監禁業者に対して厳しいものがて゜ました。

リボ払いのものについても、過払い金の返還の時に、その金額に民法の5%の利息をつけて請求するのは正しいことで、業者は返金する際に利息をつけて返金しなければならないという判決です。

庶民側からしたら、もっともだと胸のつく判決です。

でも、消費者金融自体は、必要悪なので、数は減っても、生き残って続けられていくでしょうし、一部の人にとっては、その存在で、助かることもあるでしょう。

今でも大手の消費者金融がいくつか生き残っていますが、子会社化して、銀行自体が消費者金融を始めているところもあります。

もし銀行で借りるならば、カードローンなどが金利が低いし、消費者金融のネットキャッシングのように、店舗に行かずに審査してもらえるのでいいかと思います。


タグ

2011年12月 5日|

カテゴリー:事業ローン